講師 柳川優子 (やながわ ゆうこ)
講座 複音 中級 
A-3,B-3
    「ベース奏法」に挑戦しよう!
    旋律を演奏する中で綺麗にベース奏法(同時、後打ち、大小)を入れる方法を解説、実践します。

使用するハーモニカ: C


 プロフィール  昭和音楽大学短期大学部音楽科卒業。
 9歳よりハーモニカを岩崎重昭氏に師事。
 1998年 FIH全日本ハーモニカコンテスト・複音ソロ部門で優勝、並びに総合グランプリ受賞。
 2000年 アジア=太平洋ハーモニカ大会(韓国/ソウル)にて複音ソロ部門優勝。
 過去、4回のアジア=太平洋ハーモニカ大会のガラ・コンサートに招聘アーティストとして出演、絶賛を博す。
 2017年にはドイツで開催された世界ハーモニカ大会で招聘アーティストとしてガラ・コンサートに出演。
 これまでに、ソロCD5枚、複音ハーモニカ教則DVDをリリース。
 フジテレビ『笑っていいとも』を始め、テレビ・ラジオなどのメディア出演多数。
 複音ハーモニカの日本の伝統的な奏法を守りつつ、その新しい演奏領域を開拓することに情熱を注ぎ、自らのライフワークとしている。
 全日本ハーモニカ連盟常任理事
 日本ハーモニカ芸術協会師範。
 ハーモニカ振興会専任講師。

  カリキュラム  1.複音ハーモニカの特徴的な奏法である、『ベース奏法』について体系的に解説。
 2.口の形や舌の位置、息の入れ方などを、図やプレゼンテーションを使って説明します。
 3.拍の頭でベースを入れる、『同時ベース』、拍の裏に入れる『後打ちベース』、の他、演奏に幅を持たせるための『大小ベース』などについて、簡単な課題曲を使いながら説明を進めます。※資料は当日配布します。
 4.ベース奏法に初めて挑戦される方、もう一度おさらいしたい方、どんな方でもご参加いただけます。



©copy right 2019 All Japan Harmonica Association All rights reserved